[書評] スッキリわかるJava入門 実践編 を読んでみた感想・評価

どうも、tatsuです!

今日は「スッキリわかるJava入門 実践編」という本のレビューをしたいと思います。

概要

「スッキリわかるJava入門 実践編」

著:中山 清喬

出版:インプレス

定価:2800円+税

感想

「スッキリわかるJava入門」の続編です。

※スッキリわかるJava入門の書評はコチラ→[書評] スッキリわかるJava入門

 

「スッキリわかるJava入門」の続編ということで、即買いました!

「スッキリわかるJava入門」に比べて実践的な内容が書かれています(そのまんまですね笑)。

初心者がいきなり読むというよりは、「スッキリわかるJava入門」を読んでJavaについて理解した人が、次のステップに上がるための本という感じでしょうか。

内容としては、

  • コレクションと呼ばれるもの(開発でめちゃくちゃ使用します)
  • データベースとの連携(Webアプリケーションを作成するなら必須です)

等、よりアプリケーションを開発するといったことに焦点を当てた内容もあれば、

  • リファクタリング(ソースを綺麗にする)

といった直接プログラムの動きに関係するわけではないですが必要なことも書かれています。

一回読んだだけではすべてを理解することは難しいので、何度も読むことで理解が深まると思います。

悪かったところ

特にみつかりませんでした。

良かったところ

前作と同じでストーリー仕立てなのですんなり頭に入ってきやすいです。

ストーリ仕立てですが、開発で使用する様々な技術が詰め込まれているので、1つ前の章のプログラムを改変するといったことは少なく、辞書としても十分に活躍してくれる一冊です!

また、本当に初心者の目線に立って説明してくれるので、疑問に思ったことが全て解決していきました(前作と同じですね)。

著者からのメッセージでもありますが、

これを渡しておけば若手が現場でとまどわない一冊

に間違いありません!

こんな人にオススメ!

  • オブジェクト指向について理解しているが、実戦経験が無い人
  • 実戦経験が浅い人
  • 辞書用として使用したいベテランの人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です