[Android Studio] LinearLayoutでウィジェットの位置を指定する

どうも、tatsuです!

今日は、LinearLayoutでウィジェットの位置を指定する方法を説明します。

※この記事で使用しているAndroid Studioのバージョンは2.3.3です。

LinearLayoutでウィジェットの位置を指定する

LinearLayoutでは、縦横一列にウィジェットを並べた後に右や左や真ん中に寄せることができます。
位置を指定するにはandroid:layout_gravity属性を指定します。

activity_main.xml

activity_main.xmlは以下のようにします。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:orientation="vertical"
    tools:context="com.android.tatsu.myapplication.MainActivity">

        <Button
            android:layout_width="wrap_content"
            android:layout_height="wrap_content"
            android:text="No1"
            android:textSize="20sp"
            android:layout_gravity="left"
            />

        <Button
            android:layout_width="wrap_content"
            android:layout_height="wrap_content"
            android:text="No2"
            android:textSize="20sp"
            android:layout_gravity="right"
            />

        <Button
            android:layout_width="wrap_content"
            android:layout_height="wrap_content"
            android:text="No3"
            android:textSize="20sp"
            android:layout_gravity="center_horizontal"
            />

</LinearLayout>
補足
layout_gravityの設定値はorientationの値によって使用できるものとできないものがあります。
良く使われる設定値を以下に書きだしました。

  • left ・・・ 左寄せ(orientation=”vertical”)
  • right ・・・ 右寄せ(orientation=”vertical”)
  • center_horizontal ・・・ 中央寄せ(orientation=”vertical”)
  • top ・・・ 上寄せ(orientation=”horizontal”)
  • bottom ・・・ 下寄せ(orientation=”horizontal”)
  • center_vertical ・・・ 中央寄せ(orientation=”horizontal”)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です