[Android Studio] リスト型ダイアログを作る

どうも、tatsuです!

今日は、リスト型ダイアログを作る方法を説明します。

※この記事で使用しているAndroid Studioのバージョンは2.3.3です。

リスト型ダイアログを作る

ダイアログにリストを表示して、クリックした項目を元画面に返すといったことをしたい場面があると思います。
今回はリスト型ダイアログを作成し、クリックした項目を元画面に返す流れまでを実装しました。

CustomDialogFlagment.java

CustomDialogFlagment.javaは以下のようにします。

public class CustomDialogFlagment extends DialogFragment {

    // ダイアログが生成された時に呼ばれるメソッド ※必須
    public Dialog onCreateDialog(Bundle savedInstanceState){
        // ダイアログ生成  AlertDialogのBuilderクラスを指定してインスタンス化します
        AlertDialog.Builder dialogBuilder = new AlertDialog.Builder(getActivity());

        // リスト項目生成
        final String[] items = new String[10];
        for(int i = 0; i < 10; i++){
            items[i] = "項目 : " + (i + 1);
        }

        // タイトル設定
        dialogBuilder.setTitle("ダイアログタイトル");
        // リスト項目を設定 & クリック時の処理を設定
        dialogBuilder.setItems(items, new DialogInterface.OnClickListener(){

            @Override
            public void onClick(DialogInterface dialog, int which) {
                // whichには選択したリスト項目の順番が入っているので、それを使用して値を取得
                String selectedVal = items[which];

                // MainActivityのインスタンスを取得
                MainActivity mainActivity = (MainActivity) getActivity();
                mainActivity.setTextView(selectedVal);
            }
        });

        // dialogBulderを返す
        return dialogBuilder.create();
    }
}

activity_main.xml

activity_main.xmlは以下のようにします。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:orientation="vertical"
    tools:context="com.android.tatsu.myapplication.MainActivity">

    <TextView
        android:id="@+id/text"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:hint="ここにダイアログから値が返ります"
        android:textSize="20sp"/>
    <Button
        android:id="@+id/dialogButton"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="ダイアログを表示する"/>

</LinearLayout>

MainActivity.java

MainActivity.javaは以下のようにします。

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        // idがdialogButtonのButtonを取得
        Button dialogBtn = (Button) findViewById(R.id.dialogButton);
        // clickイベント追加
        dialogBtn.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
            @Override
            // クリックしたらダイアログを表示する処理
            public void onClick(View v) {
                // ダイアログクラスをインスタンス化
                CustomDialogFlagment dialog = new CustomDialogFlagment();
                // 表示  getFagmentManager()は固定、sampleは識別タグ
                dialog.show(getFragmentManager(), "sample");
            }
        });
    }

    // ダイアログで入力した値をtextViewに入れる - ダイアログから呼び出される
    public void setTextView(String value){
        TextView textView = (TextView) findViewById(R.id.text);
        textView.setText(value);
    }
}

結果

↓ボタン押下前

↓ボタン押下後

↓項目押下後

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です