[Android Studio] データベースにデータを保存する

どうも、tatsuです!

今日は、データベースにデータを保存する方法を説明します。

※この記事で使用しているAndroid Studioのバージョンは2.3.3です。

データベースにデータを保存する

アプリを作成していく上で、必ず必要になってくるのが永久的なデータの保存です。
データの保存方法は他にもあるのですが、データベースに保存するという方法が一番使われます。
本記事では、Androidアプリでデータベースを扱うには何が必要か説明します。

使用するデータベース

データベースにはOracleやMySQL等様々な種類がありますが、Androidでは標準でSQLiteというデータベースが利用可能です。
ですので、Androidでデータベースを扱うとなったらSQLiteを扱うと同義と思ってもらえればよいかと思います。
データの持ち方ですが、SQLiteはリレーショナルデータベースに分類されます。
リレーショナルデータベースではテーブルと呼ばれる入れ物にデータを格納していき、必要に応じてデータの登録・削除・更新・検索などを行うことができます。

SQLiteを使用するために必要なクラス

さて、AndroidでSQLiteが使用できることは説明しましたが、今度はプログラムからどのように接続するのか説明します。
SQLiteに接続するには、基本的にSQLiteOpenHelperというクラスを継承したクラスを使用します。

CustomOpenHelper.javaの作成方法

以下の画像のようにMainActivity.javaが格納されているフォルダを右クリックし、[New]→[Java Class]から生成してください。

CustomOpenHelper.java

CustomOpenHelper.javaは以下の通りです。

public class CustomOpenHelper extends SQLiteOpenHelper {

    // データベース自体の名前(テーブル名ではない)
    static final private String DBName = "TATSU_DB";
    // データベースのバージョン(2,3と挙げていくとonUpgradeメソッドが実行される)
    static final private int VERSION = 1;

    // コンストラクタ 以下のように呼ぶこと
    public CustomOpenHelper(Context context){
        super(context, DBName, null, VERSION);
    }

    // データベースが作成された時に実行される処理
    @Override
    public void onCreate(SQLiteDatabase db) {
        // 処理を記述
    }

    // データベースをバージョンアップした時に実行される処理
    @Override
    public void onUpgrade(SQLiteDatabase db, int oldVersion, int newVersion) {
        // 処理を記述
    }

    // データベースが開かれた時に実行される処理
    @Override
    public void onOpen(SQLiteDatabase db) {
        super.onOpen(db);
    }
}

おわりに

どうだったでしょうか?
今回はAndroidでデータベースを使用するにはどんなものが必要なのかを説明しました!
テーブルの作成やデータ検索等は他の記事で書こうと思います。

[Android Studio] データベースの中身を直接確認する

2017.08.09

[Android Studio] テーブルの行を取得する(SELECT)

2017.08.06

[Android Studio] テーブルを作成する(CREATE TABLE)

2017.08.03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です