[Android Studio] エミュレータの立ち上げ方法

どうも、tatsuです!

今日は、エミュレータの立ち上げ方法について説明をしようと思います。

※この記事で使用しているAndroid Studioのバージョンは2.3.3です。

エミュレータの立ち上げ方法

エミュレータを立ち上げることで、Android Studioで作成したアプリをパソコン上で起動することができます。

エミュレータの作成

1.任意のプロジェクトを開きます(または新規で作成します)

2.画面上部のアイコンが並んでいる所から、赤枠部分をクリックします。

3.「Android Virtual Device Manager」が立ち上がるので[Create Virtual Device…]をクリックします。

4.どのデバイスをエミュレータに指定するかを設定します。今回はNexus4を選択しました。

5.次の画面はそのまま[Next]をクリックします。

6.AVDの名前を決定して[Finish]をクリックします。

7.追加されていることを確認してください。

エミュレータの起動

さきほど作成したエミュレータを起動してみましょう。
1.「Android Virtual Device Manager」を立ち上げ、赤枠部分をクリックします。

2.しばらくするとエミュレータが起動します。

アプリの起動

1.エミュレータが起動している状態で、画面上部の赤枠部分をクリックします。

2.どのエミュレータで起動するかを問われるので、起動中のエミュレータを選択して[OK]をクリックします。

3.エミュレータでアプリが立ち上がります。

まとめ

今回はエミュレータの起動からアプリの起動までを説明しました。
エミュレータは結構重いので、個人的にメモリは8GB以上を推奨します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です