[Unity] Unity初心者がゲーム開発してみた(準備編2)

どうも、tatsuです!

今回は、Unityゲーム開発準備編2ということでやっていこうと思います!

Projectの新規作成

1.Unityを起動すると以下のダイアログが表示されると思うので、[New]をクリックします。

2.プロジェクトの名前とプロジェクトを格納するフォルダを指定して[Create project]をクリックします。
※今回はサンプルとして3Dを選択しました。

3.Unityが起動し、デフォルトの画面が表示されます。

画面の説明

次に、画面のおおまかな説明をします。

①ヒエラルキー

画像の①の部分はヒエラルキーと呼ばれる箇所で、シーンに配置したオブジェクトの一覧が表示されます。
オブジェクトの複製・削除や名前変更、エフェクトなどを右クリックから行うことができます。

②シーン&ゲーム

画像の②の部分はシーンとゲームと呼ばれる箇所で、シーンでオブジェクトを配置、ゲームで実際の画面を確認する箇所になります。
上部のタブによってシーンとゲームを切り替えることができます。

③インスペクタ

画像の③の部分はインスペクタと呼ばれる箇所で、選択したオブジェクトの詳しい情報を表示する箇所です。
インスペクタではオブジェクトの配置場所や大きさ、回転や色など様々な情報を設定することができます。

④プロジェクト

画像の④の部分はプロジェクトと呼ばれる箇所で、ゲーム内で使用している素材が表示される箇所です。
ドラッグ&ドロップで素材をゲーム内に追加することもできます。

オブジェクトの追加方法

最後にオブジェクトをシーンに追加してみましょう!
1.ヒエラルキーにある[Create]をクリックします。

2.[3D Object]→[Cube]をクリックします。

3.シーンにCubeが追加されました。

まとめ

今回は準備編2でUnityの基本的な使い方をお話ししました!
次回から「○○編」といった形でいろんなゲームを作っていきたいと思いますのでよろしくお願いします。
では!

[Unity] Unity初心者がゲーム開発してみた(メダル集め編1)

2017.10.01

[Unity] Unity初心者がゲーム開発してみた(弾避け編1)

2017.09.15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です