[Unity] Unity初心者がゲーム開発してみた(メダル集め編1)

どうも、tatsuです!

今回から、Unityでメダル集めゲームを開発していこうと思います!
メダル集めゲームは、プレイヤーを操作してメダルを3枚集めることでクリアとなるゲームです。
また、Unityで使用するプログラミング言語にはいくつかありますが、私はC#を使って開発していこうと思います。
それでは作っていきましょう!

準備

1.unityを起動し、新規のプロジェクトを作成します。今回は「collectingMedalsGame」というプロジェクト名にしました。3D/2Dでは2Dをチョイスしてください。

2.画面左上から[File]→[Save Scenes]を選択し、シーンを保存します。今回はMainSceneをいう名前で保存しました。

3.[Asset Store]タブを選択し、AssetStoreに接続します。(今回使用する画像はAssetStoreから無料のものをダウンロードします)

4.検索窓に「Tap and Fly」と入力し、画像の赤枠をクリックします。(G.E.TeamDevさん使わせて頂きます)

5.[Import]をクリックしてAssetを取り込みます。

6.プロジェクトの[Assets]に「Sprite Pack」が取り込まれていることを確認してください。

以上で準備完了です。

画像を配置する

それでは画像を配置していきます。
1. [Assets/Sprite Pack/Tab and Fly/Sprites/Player]フォルダの[player_fly_f01.png]をドラッグ&ドロップでSceneの中心に配置します。

2. 同じように[Assets/Sprite Pack/Tab and Fly/Sprites/Background]フォルダの[scene_01_cradle.png]を画面下、[scene_03_cloud.png]を画面上、[scene_01_sky.png]を左右に1つずつ配置します。

3. 同じように[Assets/Sprite Pack/Tab and Fly/Sprites/GUI]フォルダの[medal_01.png]、[medal_02.png]、[medal_03.png]を好きな箇所に配置します。

4. プレイヤーが小さいのでScaleのxとyを3に設定します。

5. 2で配置した画像で画面の壁を作るような感じで調整します。

6. 画像のように配置できたら完了です。

まとめ

今回は画像を配置するところまでご紹介しました。
次回はPhysicsを使った当たり判定を実装していきたいと思います。
では!

[Unity] Unity初心者がゲーム開発してみた(メダル集め編2)

2017.10.02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です