[IT業界の裏事情] SEってタバコ吸う人多いの?残業だらけ?

どうも、tatsuです!

今回はIT業界の裏事情についてお話したいと思います。

IT業界ってタバコ吸う人多いの?

結論から言うと、会社によりますが減少傾向にあると思います。
ちなみに私の会社では2割くらいですね。

タバコミュニケーションという言葉を聞いたことがありますか?
これは喫煙所でのコミュニケーションのことを指します。

私も入社前からタバコミュニケーションと言うものを知っていたので、吸わない人はうまく溶け込めないのかな?と不安に思っていました。

でもいざ入社してみると吸わない人のほうが多く、今まで会社でのコミュニケーションで特に気になったことはありません。

なので特に気にする必要はないですね!

でも仕事中に何度もタバコ休憩されると、吸わない側からしたら良い気持ちはしないですね。笑
きちんと休憩時間に吸いましょう!

残業だらけで薄給ってほんと?

給与形態によります。
将来プログラマーを目指している人は就活の際、特に気をつけてほしいのが給与形態です。

裁量労働制

これは、すなわち年俸制です。
つまり、いくら働いても年で決まったお金がもらえますよってことです。

この制度によって薄給を強いられている人たちは数多くいます。
年単位でみると沢山貰えているように思えても、時給換算したら高校生バイトの時給を下回るなんてこともあるので怖いですよね・・・

例とあげると、
新卒で裁量労働制で年400万円貰える会社があったとしましょう。
新卒の年収は300万円前後が一般的ですから、400万円なんてかなりもらえる方でしょう!
だけど入社してみれば、とても忙しくて月の残業時間は100時間超え・・・

時給換算してみると
時給 = 400万円 / (((8時間 × 20日) + 100時間) × 12ヶ月) = 1282

となります。学生アルバイトの時給でしょうか?

ちなみに裁量労働制ではなく年収300万円の場合に残業100時間をすると、
法定時間外労働は
時給×1.25

さらに1ヶ月の時間外労働が60時間を超えると、超えた時間分は
時給×1.5

となるため、400万を大きく上回ります。

…と、少し極端な例かもしれませんがこのようなことも全然あり得るということです。
だっていくら働いても貰えるお金は同じなわけですから。

私はこの制度を取っている会社だけはノータイムで就活対象から外していました。

みなし残業

これは、あらかじめ決められた時間分の残業代を毎月払うかわりに、その時間までは残業代を出さないといった給料体系になります。

結局もらえる額同じじゃん!
と思いました?
実はこれ、企業の策略の場合が多いです。

残業代をはじめから出すことによって初任給が高額になりますよね?
そうするとそれにつられて入社したがる学生が増えると思いませんか?

さらに、残業代を抜いてみたら基本給が結構低かった!なんてことも少なくありません。

基本給が低いということは、ボーナスも低くなります
なぜならボーナスは基本給に掛け算をするからです。

ですので、みなし残業制度をとっている会社は基本給はどのくらいになるのか計算してから考えることをおすすめします。

給与をきちんと調べよう!

裁量労働制とみなし残業に気をつけていれば、残業だらけ薄給なんてことにはなりませんね。

上記以外で残業代がでないのは違法なので・・笑

聞きにくいかもしれませんが、あとあと後悔しないためにきちんと調べておくことをオススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

IT業界の裏事情について記事にしてみましたが、ようは
ちゃんと企業選びをすればIT企業も怖くないよ!
ということでした。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です