[IT業界の裏事情] 就活でやっておくべきこと ~理想の会社に入るために~

どうも、tatsuです!

今回はIT業界の裏事情ということで、理想の会社に入るために就活でやっておくべきことについてお話したいと思います。

これから2019年卒の就活が始まりますね。
対象の方はそろそろ準備を始めることじゃないかなと思います。

あなたは何を重視して企業を選んでいますか?

大手企業?

残業が少ない企業?

給料が高い企業?

 
企業選びをする上で、説明会や実際人事の言っていることだけで会社を判断できませんよね。
デメリットを自分から打ち明ける企業なんてそうそうないので・・・

実際入ってみたら「残業だらけだった」、「怒鳴り声が常にしていた」ということがないようにしっかり選ばなければなりません。
ですので就活経験者&リクルーター経験者である私が、理想の会社にはいるために絶対やっておいた方がいいことをお話します。

企業説明会

まずは企業説明会ですよね。
いろんな会社の説明会に参加して、その会社がどのようなことをやっているのか全体的に把握します。

そこで自分の興味のある企業を絞っていきます。
面倒かもしれませんが、できるだけ多くの企業を見ておいた方が選択肢が広がるので良いと思います。

この段階では企業の内部的情報(残業・給料・風通し等)は表面的にしかわかっていない状態ですね。

説明会の段階では単純にその企業の仕事に興味があるかどうかで選んでいいと思いますね。

先輩社員面談

これはいわゆる企業が面接と面接の間に行うような先輩社員面談のことではありません

企業主催の先輩社員面談というのは、就活生複数に対して少人数の先輩社員が質問に答えるという形式ですね。

これは何がいけないかと言いますと、人事の目があるということです。

ここで

「残業は多いですか?」

と質問しても、返ってくる答えはおそらくこうでしょう。

「仕事の忙しさに波がある業界なので、暇な時もあれば忙しいときもあります。」

これは残業だらけなのをごまかすには都合のいい言葉ですよね。
先輩社員からすると人事の目がありますから、本当のことを言ってあげたくても言えないんです。察してください・・・笑

 
 
じゃあどんな先輩社員面談ならいいのかですが、ずばり、

OB・OG訪問

です。

これならば人事の目がありませんから先輩もある程度はぶっちゃけてくれると思います。
実際私も人事の目が無ければ「どの部署は残業が多くてどの部署は少ない」といった細かい情報まで教えてあげれるでしょう。

そうすればその部署を志望していることを面接で伝えれば確率が高くなりますしね。

最終的に絞った数社に関しては絶対やったほうがいいです。

これからずっとその企業で働きたいと思っているならなおさら、徹底的に調べてから入社しましょう。

OB・OG訪問では何を聞けばいい?
OB・OG訪問は基本的に自分が知りたいことを質問すればいいと思いますが、以下のことは聞いといて損は無いと思います。

  • 楽な期間と忙しい期間の残業時間
  • 残業代はしっかり出るか
  • 社内の風通し

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は就活経験者&リクルーター経験者の観点から、理想の会社にはいるために絶対やっておいた方がいいことをお話しました。

人生の中でもかなり重要な決定だと思うので、適当にやらずぜひ全力で就活してほしいなと思います。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です