[仮想通貨] 仮想通貨(ビットコイン)投資はマイナスになる危険がある?

どうも、tatsuです!

最近なにかと話題の仮想通貨ですが、ぶっちゃけ仮想通貨投資は危険ではないのかということについてお話したいと思います。

仮想通貨投資でマイナスになることはない?

仮想通貨投資で通常の取引をする分には、0になることはあってもマイナスになることはありません

これは「現物取引」と呼ばれる方法で、自分が購入した分だけで取引をします。

 
投資を今までしたことが無い人は、「自分が購入した分だけで取引するのはあたりまえでしょ?」と思うかもしれません。

ですが投資方法には「現物取引」の他に「信用取引」という取引方法が存在します。
これに手を出すとマイナスになる可能性があります

 
信用取引とは、一定額を担保にしてその何倍ものお金を取引することができるとった方法になります。
「何倍にする」というのを「レバレッジをかける」と言ったりします。

世間一般的に「FXは危ない、一歩間違えると借金まみれ」と思われていると思いますが、それはFXでは何倍もレバレッジを掛けて取引をしているため、儲かるときは何倍も儲かりますが損しているときは何倍も損することになるため、そのような認識が広まっています。

仮想通貨も例外ではなく、「信用取引」をすれば自分が担保にしたお金がマイナスになってしまうといったことが起きてしまいます。

仮想通貨投資をするにあたっての注意点

仮想通貨は有名になってきたばかりの不安定な状態です。
増えるときは一気に増えるし、逆に急落するときもあります。

なので私は以下のことを守って投資するようにしていますので、参考にしてみてください。

  1. 信用取引はしないこと
  2. 余剰資金で投資すること
  3. 中長期的に投資すること

信用取引はしないこと

これは今まで話してきたとおりです。
勝ったときの利益は大きいですが、マイナスになるリスクもあります。

仮想通貨市場はまだまだ安定していないので(2017/12 現在ではどのコインも上昇傾向にありますが)、相場を読むのが難しいです。
ですのでマイナスになりたくない方は信用取引をしないようにしてください。

余剰資金で投資すること

これは余ったお金で投資しようということです。

簡単に2倍3倍となっている仮想通貨が多いからと言って、生活費をかけてまで投資するのはやめましょう。

何度もいいますが、まだ発展途中ですので何が起こるかわかりません
そこで生活費をかけていたら生活できなくなってしまうかもしれませんよね?

まずは小額から取引をしてみて、仮想通貨というものに触れてみるところから始めてみてはいかがでしょうか。

中長期的に投資すること

これはデイトレードなどの短期的な投資はやめましょうということです。
今の仮想通貨市場は簡単に上がったり下がったりするため、短期的視点でみていると神経が持ちません。

仕事をしている人は常に相場が気になって仕事にならないと思います。笑

なので短期的視点で一喜一憂するのではなく、何か月後・何年後とった中長期的視点で投資をすると、神経をすり減らさなくて良いと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は仮想通貨投資の危険性についてお話してきました。

この記事を読んで、「仮想通貨はやっぱり怖いものだ、手を出さないでおこう」と思った人はそれで結構ですし、
「現物取引をすればマイナスにはならないのか。少しやってみようかな」と思った人はやってみたらよいかと思います。

仮想通貨は今後より一般的になっていくでしょう。
その時のための第一歩として、小額からでもいいので始めてみてはいかがでしょうか。

[仮想通貨] まだ間に合う?仮想通貨投資はじめました!

2017.12.11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です