[仮想通貨] ビットコインとは?超わかりやすく解説します!

どうも、tatsuです!

最近よく「ビットコイン」という言葉を耳にしますよね?

「名前は知っているけどどんなものかはわからない・・・」
といった方のために、今回はビットコインとはなんなのかについて超わかりやすく解説していこうと思います!

この記事を読み終わったころには他の人にビットコインの説明をできるようになっていると思うのでぜひ最後まで読んでいってくださいね♪

ビットコインとは?

ビットコインとは、仮想通貨と呼ばれる、実体の無い通貨の一種です。
仮想通貨には様々な種類がありますが、ビットコインはそのパイオニア的存在で一番注目されています。

私たちは商品を買うときに、100円玉や1000円札というモノと商品を交換していると思います。
ビットコインはすべての取引をインターネット上で行っているため、普段我々が目にしている100円玉や1000円札という実態がありません。

 
ん?
「実体のないものでどうやってお金の機能を果たすの?」
といった声が聞こえてきそうですね。

実はインターネット上に保存されているデータがお金の機能を果たしています。
例えばtatsuが1ビットコインを保有している状態というのは、ネット上に「tatsuは1ビットコイン保有している」という情報があることを意味します。

ここはそんなに難しくないと思います。だって円を銀行に預けているのと似ていますからね。
円も、実体のあるコインや札を銀行に預けると、代わりにデータとして「この口座にはいくら入っていますよ」という情報が得られます。
そのデータから円という実態のあるモノをおろしたりすることができますよね。

ビットコインでは実体のあるモノに変換せず、そのデータのまま取引をします。
と言ったらわかりやすいでしょうか?

今の段階では、「円やドルと同じで新しい通貨が出てきたんだな」くらいの理解で結構です。

ビットコインを使うメリットは?

それではビットコインはなぜここまで騒がれているのでしょうか?
ただの通貨なら円やドルを使いたい人はそっちを使っていれば良いですよね?

実はビットコインは政府や銀行といった機関を介すことなく取引を行うことができるため、以下のメリットがあります。

  • 手数料が安い
  • 世界中の人と迅速に取引できる

手数料が安い

まずは手数料が安いことを第1のメリットとして挙げます。
特に海外と取引をする場合には取引手数料はより顕著になります。

例として、日本からアメリカにお金を振り込む一般的な場合の手数料について考えてみましょう。

  1. 円からドルに換える
  2. 中継銀行に送金
  3. 振込先銀行に送金
  4. ドルを受け取る


まず①の段階で為替手数料が取られます。

次に②の段階で外貨取扱手数料・中継手数料などが取られます。

まず①の段階で受取手数料が取られます。

こんな感じで高額の手数料がかかってしまうのが今までの送金でした。

 
ではビットコインを使った場合の手数料を見てみましょう。

  1. 円からビットコインに換える
  2. ビットコインからドルに換える


はい、たったこれだけです。
①②両方で円とビットコイン、ドルとビットコインの価格差はあるものの、それ以外の手数料は円やドルとビットコインを変換する取引所という所にほんの少し払うだけです。

世界中の人と迅速に取引できる

手数料のところでも説明したとおり、銀行を介さないため手続きがなく、迅速に送金することができます。

 
これらのメリットから、例えば海外へ募金するなんて場合に、今までなら10000円以上とか決まりがあったんですよ。(手数料が大半を占めてしまうため)

ですがビットコインを使うことによって、100円分のビットコインを募金するなんてこともできちゃいます!
これなら募金しようと思っている人も手軽にできますよね♪

といった感じでビットコインには他の通貨には無いメリットがあり、それをさまざまなことに応用できちゃいますよという内容でした。

ビットコインと様々なものを比較

それではビットコインと他のものがどのように違うのか説明していきます。

ビットコインと法定通貨(円やドルなど)の違い

これは冒頭でもお話したとおり、法定通貨は実体があり、ビットコインは実体がありません

また、法定通貨はその国でしか使えませんが、ビットコインは国を問わず国際通貨として使うことができます。

その他にも、法定通貨はその国が発行していますが、ビットコインは分散型ネットワークと呼ばれる方法でネットワークに参加している人が主体となり特定の国に属すことなく運用がされています

表にすると以下のようになります。

法定通貨 ビットコイン
実体の有無 あり なし
利用範囲 その国のみ 世界中
運用者 参加している人が平等に

ビットコインとゲーム内通貨の違い

ゲーム内通貨はどうでしょう?
ゲーム内通貨は、持っている法定通貨をゲーム内通貨に変換することで、そのゲーム内で使用することができますよね。

ゲーム内で使えるのか、現実世界で使えるのかの違いはあれど、ゲーム内通貨はビットコインと似ていると思います。

ではビットコインとゲーム内通貨の違いは何かと言いますと、
ゲーム内通貨はそのゲーム会社が管理・運営していますが、ビットコインは参加者みんなが管理・運営しています

なぜビットコインに値段がつくの?

実体のない通貨であるビットコインですが、なぜ実体のないものに値段がつくのでしょうか?

それは法定通貨でも同じことが言えます。
普段私たちが目にしている10000円札。これの原価っていくらか知っていますか?

・・・実は20円なんです。

 
ではなぜ20円しかかかっていない10000円札に、10000円の価値があるのでしょうか?

それは、10000円札には10000円の価値があると皆が思っているからです。

つきつめると
「日本政府が発行している10000円札なのだから、10000円の価値があると思っている」
= 「日本政府への信用によって10000円札は10000円の価値を保っている」

と考えることができます。

 
要は、お金というものは信用で成り立っています。

ビットコインも信用で成り立っており、その信用というのはビットコインの発行方法や運用方法が信頼されているからです。

詳しくは「ビットコインは誰が作っているの?」の章でお話しますが、ビットコインはブロックチェーンと呼ばれる技術によって成り立っています。

そのブロックチェーンの仕組みが信頼されているため、ビットコインに価値が付くのです。

ビットコインは誰が作っているの?

「ビットコインを使うメリットは?」の章で「政府や銀行といった機関を介すことなく取引を行うことができる」と言いましたが、政府や銀行が関わっていないならいったい誰がビットコインを作っているのでしょうか?

特定の組織によってつくられたわけではない

ビットコインは「サトシ・ナカモト」と名乗る人物が公開した論文に記されていた、ブロックチェーンの技術に興味を持った人たちがコードを書き、徐々に今の形に近づいてきました。

「それならコードを書いた人がビットコインを作ったんじゃないの?」
と思いましたか?

コードを書いた人(コアディベロッパーと呼ばれています)はあくまでブロックチェーンの技術を使って、民主的にビットコインを作りだす仕組みを開発したということです。

ブロックチェーンの仕組み

ブロックチェーンでは、中央で管理する組織がなく、ネットワーク参加者がお互いに見張りあうことによって管理する「分散型ネットワーク」を採用しています。

これによって特定の組織に属することなくビットコインを扱えるようになっています。

ビットコイン取引では、1つの取引をトランザクションと呼びます。
そのトランザクションをいくつかまとめて参加者同士で承認し、それを1ブロックとしてチェーンに繋いでいくのがブロックチェーンです。

そして、このブロックをチェーンに繋いでいく作業には「ある条件を満たすハッシュ値を見つける」という工程があります。

初心者の方にわかりやすく説明するのがこの記事の目的ですので詳しくは話しませんが、この工程を一番早く達成した人がそのブロックをチェーンにつなげることができます。

チェーンにつなげるとどんなメリットがあるのかというのは、次章で説明します。

ビットコインはどうやって増えるの?

私たちがよく知る価値のあるものに、金があります。
金はなぜ価値があるのでしょうか?

それは金の量が限られているからです。

ビットコインにも最大量が決まっており、2100万枚が最大と決められています。
そのためデジタルデータでいくらでも作り出せそうなビットコインですが、希少性があるのです。

また、ビットコインはどうやって増えるのかですが、金と同じように採掘(マイニング)をすることで増えていきます。

「ブロックチェーンの仕組み」でお話したとおり、分散型システムではトランザクションを参加者同士で承認することによってその正当性が担保されます。

しかし、トランザクションを承認してブロックにつなげるためには電力などのパワーが相当必要なので、とても個人でできるようなものではありません。

でも誰かがトランザクションを承認してくれないとビットコイン市場は回らないので、トランザクションを承認してブロックをチェーンに繋げた人に対して、報酬としてビットコインを付与するようになっています。

こうしてビットコインの流通量が増えていきます。

このように、トランザクションを承認してブロックに繋げることを「ビットコインをマイニングする」と言います。
また、ビットコインをマイニングする人をマイナーと言います。

それぞれの立ち位置

ビットコインの仕組みは以下のような立ち位置で成り立っています。

ビットコインは安全なの?

ここまででビットコインはどんなものなのか、わかっていただけたかと思います。

ですが、
「ビットコインが革新的なものなのはわかったけど、インターネット上のお金だし本当に安全なの?」
と思われる方も多いと思います。

この章ではビットコインの安全性について説明します。

ビットコインがコピーされたり、取引が改ざんされることはないの?

ビットコインはブロックチェーン技術によって分散型ネットワークを採用しています。

1つのトランザクションは参加者がお互いに承認することによって信頼性を担保しているので、だれかが改ざんしたところで他の人に改ざんを指摘されてしまいます。

よってすぐに見つかってしまうため、改ざんすることができません。

 
また、ブロックチェーン技術では全ての取引が1つのチェーンになっており、参加している全てのコンピュータに同じチェーンが保存されているため、あとから取引を改ざんすることができません。

ビットコインが盗まれる危険はないの?

ではビットコインが盗まれることはないのでしょうか?

結論から言うと、取引所のアカウントが盗まれてしまうと取られてしまうことがあります。
そのため取引所のアカウントパスワードは厳重なものとし、2段階認証という方法を行うことが推奨されています。

法定通貨も口座の暗証番号とカードが盗まれたらお金を盗られてしまいますよね、それと同じです。

 
「自分自身のパスワード管理が完璧でも、取引所から直接ビットコインが盗まれたら?」
と思う方もいるかもしれません。

実際過去に、マウントゴックスという取引所で大量のビットコインが消失した事件がありました。

しかしマウントゴックスの事件は、ビットコインやブロックチェーンの仕組みに問題があったわけではありません。
取引所のシステムの脆弱性を狙われたとか、社長が盗んだとか言われています。

なら今後も取引所のビットコインが盗まれる可能性があるのではないかと思いますよね?

取引所もあずかっている資産が盗まれることは会社の終わりを意味しますので、大半をオフラインで管理しています。

また、セキュリティを何重にもかけているのでマウントゴックス事件の二の舞になることは無いかと思います。

ビットコインはどこで取引するの?

「ビットコインは誰が作っているの?」でも登場しましたが、取引所という組織を中継して売買するのが一般的です。

有名な取引所と言えば、

  • coincheck
  • bitFlyer
  • Zaif

などがあります。

coincheckは出川哲郎さんが出演しているCMが印象的ですね!

私が仮想通貨取引を始めた時の記事に取引所の説明がありますので、それも参考にしてみてください↓↓

[仮想通貨] まだ間に合う?仮想通貨投資はじめました!

2017.12.11

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はビットコインって聞いたことはあるけど内容はよく知らないといった方向けに、ビットコインとは何か?について記事にしてみました。

今後ビットコインはより一層身近になってくると思うので、知っておいて損はしないと思います。

また、興味のある方は一度ビットコイン取引を行ってみてはいかがでしょうか?

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です