[資格] データベーススペシャリスト受験報告

どうも、tatsuです!

このシリーズも2,3,4月と勉強報告をサボっていましたが、試験はちゃんとうけてきたのでその報告をしたいと思います!
前回記事はコチラ↓↓

[資格] データベーススペシャリスト勉強経過報告(2018年1月)

2018.02.01

2,3,4月勉強内容

2月は前回記事のとおり、午後Ⅱの勉強を予定通り進めました。
問1の物理設計は捨てて、問2の論理設計だけの過去問を解いていました。
 
3月はだらけてしまい、全くやっていません。
 
4月になってまた焦り始め、午前Ⅱの過去問を解くのと午後Ⅰ、Ⅱの過去問の解説を読んでいました。
 
こんな感じで約半年前からデータベーススペシャリストの勉強を始め、やる気がある月とない月が交互に訪れながらなんとか試験当日を迎えることになります。
中だるみしていた期間もありましたが、試験勉強自体は必要最低限できたと思っています。

試験当日

さあやってまいりました試験当日。
今回は日本大学経済学部本館にて受験してきました!

午前Ⅰ

一年前に応用情報技術者試験に合格していたため、免除でした。

午前Ⅱ

体感では過去問と同じ問題が8割くらい出た気がします。
合計25問なので午後問題のウォーミングアップ的な感じで解くことができました。
 
気になった問題を挙げるなら問1で、以下のような問題でした。

問1 SQLにおけるBLOBデータ型の説明として、適切なものはどれか。
ア 全ての比較演算子を使用できる。
イ 大量のバイナリデータを格納できる。
ウ 列値でソートできる。
エ 列値内を文字列検索できる。
BLOBはなにかの頭文字をとっているのかなと思い、一番近いと思った「イ」にしましたが、正解だったようです。
 
情報処理試験の午前問題って、毎回問1に初めて見る問題をだして時間取らせようとしている印象なのは私だけでしょうか?笑

午後Ⅰ

さあ、本試験の要ともいえる午後Ⅰですが、まずは過去の出題形式を見てみましょう。
平成25年試験までは以下の通りでした。

問1 基礎理論
問2 データベース設計
問3 SQL
また、最近では以下のように変化していました。
問1 データベース設計
問2 SQL 又は その他
問3 SQL

今回も問1はデータベース設計がきて、あとはSQLを取れればいいなと思っていたのですが・・・
今年の出題形式は以下でした。

問1 データベース設計
問2 データベースでの制約の実装
問3 物理データベース設計及び実装

問1はいい、うん。
問2,問3 なんでどっちもその他枠なの????笑
確かに問2,問3どちらにもSQLの問題は入っているけれどその他とか対策してないよ???

ってな感じで問題をペラペラみて問1と問2を受けることにしました。

手応えは問1はまずまず、問2は50%いけばいい方って感じでした。
ネットでの反応では問2は難しかったようなので下駄はかせてくれないかな~ なんて。

午後Ⅱ

午後Ⅰでテンションが下がってはいたものの、完全に落ちたわけではないので試験続行。
午後Ⅱは問2論理設計しかやっていないので、問題を見る前から問2を取ることは決めていました。

ですが・・・
いざ解答用紙を見てみたら、表半分と裏全部が問2の回答欄。
どんだけ書かせるんだ!笑

しかし問1にするわけにもいかず、右手を痛めながらも解答欄をうめましたよ。
こんなに字を書いたのは久しぶりでした。

手応えでは合格しているんじゃないかといった感じでした。

まとめ

自身の手応え的には可もなく不可もなくといった感じで、合格と不合格が50%50%な感じです。。
資格塾の速報なども見ましたが回答も自分の手応えとほぼ同じくらいの出来でした。
 
何はともあれ、不合格だったとしても今回勉強した内容は決して無駄ではないですし、合格だったらラッキーくらいに思っておきます!
また機会があれば資格を受けてみようかな~

あ、合格発表されたらその報告もしますね。

それでは!

【独学で合格!】 データベーススペシャリスト結果報告&反省【勉強方法】

2018.06.23

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です