会社に行きたくないなら休んじゃえば?※唯一の理由を除いて

どうも、tatsuです!

いきなりですが今回のテーマは、「会社に行きたくないなら休んじゃえば?」です。

朝起きて「会社に行きたくない・・・」
もっと言えば前日の夜から「明日会社に行きたくない・・・」

と思ったことはありませんか?

誰しも会社に行きたくない、仕事したくない時はあると思います。

理由は人それぞれありますが、あなたはどんな理由ですか?

人間関係が嫌?
単純な作業に飽き飽きしている?
難しくて詰まっている仕事がある?
仕事量が多い?

 
唯一の理由を除いて、どんな理由であれ行きたくないなら一旦休んじゃえばいいと思います。

ずる休みをした日の過ごし方

せっかく休んだわけですが、ただ寝ているだけとか、一日を無駄に過ごしてしまっては次の日も同じことが起こるだけです。

今日だけ休んで次の日からはしっかり仕事ができるように、普段しないようなことをしてみましょう。

人間関係が嫌・仕事量が多い

ずる休みの理由が「人間関係が嫌・仕事量が多い」の場合、転職サイトに登録してみましょう。

今転職する気が無くても登録しておくことには意味があります。

転職サイトを見ていると自分が今いる会社だけではなく、沢山の会社があることが実感できるかと思います。

「自分には今の会社しかない」と自分自身を卑下せず、「いざとなったら転職すればいいや」と思うと気が楽になりますよ。

単純な作業に飽き飽きしている

「単純な作業に飽き飽きしている」人はよく考えてみましょう。

もっと難しくて忙しい仕事がしたいですか?

スキルが身につかなくて将来が不安ですか?

考えた結果、まだ仕事がしたくないなら転職先を探してみましょう。

仕事先は変えたくないけど、同じような毎日で嫌気がさしている人は、平日の夜に予定を入れてみましょう。

映画を見に行く、ライブに行く、ジムに行く、自炊をしてみる。。などなど

普段と違う体験をすることによって脳が刺激され、楽しく感じることでしょう。

難しくて詰まっている仕事がある

「難しくて詰まっている仕事がある」人、いったん整理してみましょう。

どんな問題も単純なものの集まりでしかないので、一つ一つ小さな単位まで分解しましょう。

「Aを達成するためにはBとCとDをやる必要があって、BはE,F,Gを、CはH,I、DはJ,K,Lをやればいい。」

といった風に分けます。

そのあとで、どれからやるのがいいのか優先順位を付けます。

できれば簡単なものを先頭に持ってくるのがオススメです!

まず簡単なことを達成してアクセルを踏んで、最高速度に達したところで最も難しい問題に取りかかったほうが効率がいいからです。

何をすればいいのかはっきりさせることができれば怖くありません。

やることの整理が付いたらあとはゆっくりお休みを楽しんでください♪

あなたはきっと次の日からは仕事を頑張っているはずです。

休まない方が良い理由

冒頭で「唯一の理由を除いて、どんな理由であれ行きたくないなら一旦休んじゃえばいい」と言いました。

では唯一の理由とはなにか。

それは・・・「眠い」です。

朝はどうしても眠くて睡魔に負けてしまうという方は多いかと思います。

ですが、眠いから会社を休むのは私的にNGです。

なぜかというと、問題の解決ができないからです。
これまで紹介した理由では、その日の過ごし方、考え方次第でこれからの仕事のモチベーションを上げることができます。

しかし、眠いから休む。休んだところで何か変わりますか?眠いのは毎日のことではないですか?

こればかりは気合で起きるしかありません。皆眠いけど頑張って起きているのです。

眠くても一回起きてしまえばへっちゃらではないですか?

お昼過ぎに起きてきたときに急に罪悪感が押し寄せてきて、仕事の定時を過ぎると「休まなければよかった」と思うことでしょう。

朝スッキリ起きるためには

眠いって理由でもう会社休んじゃったよ!っていう方。

次から朝起きれるような仕組みを考えましょう。

私が聞いたことのある仕組みをいくつかご紹介しますので参考にしてみてください。

朝起きたらすぐに鏡を見る

寝る前に手の届くところに鏡を置いておきます。

朝目覚めたらまず鏡で自分の顔を見てください。

人間は自分の顔に興味あるので、朝鏡を見ることで徐々に目が冴えてくるはずです。

実際私もこの方法を使っています。

朝起きたらすぐにガムを噛む

これも朝起きたらすぐ行ってください。

顎を動かすことが眠気覚ましにいいと言われているため、ガムで顎を動かすことを目的としています。

朝に楽しみを作る

上の2つの方法とは違って精神論になるのですが、本当に楽しみなことなら一番効果があるのではないかと思っています。

ディズニーランドに早朝から並んだことないですか?
あのころは前日の夜から楽しみで、早く朝が来ないかなと思っていたものです。

普段使える例としては、次の日の朝に食べれるものを前日の夜に仕込んでおくとか、早朝に外を散歩する(人が少なくて気持ちいいんですよ)とか。。

まとめ

いかがでしたか。

たまに息抜きしてもいいんじゃないですか?

ただし次の日から頑張れるような休みの過ごし方をしてみてくださいね。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です