給料少ないのに副業禁止!ならば投資をしよう!

どうも、tatsuです!

突然ですが、あなたの会社は給料良いですか?
もし給料は少ないのに副業禁止って会社だときびしいですよね。。。

今回は以下のような方に向けて、投資をオススメする記事になります。

  • 給料が少ないのに副業禁止の会社に勤めている
  • 給料以外は満足しているため転職はあまりしたくない
  • でも給料が少ないから将来が不安

給料少ないなら副業させろ!

本当にコレですよね。

お金が不十分なのに会社に忠実になる人間がどこにいるんですかね~

会社の経営が傾いて平気でリストラする時代なのに、社員はずっとこの会社のためにつくせ だなんて卑怯だ!!

まあ、いざ副業がばれても怖くない、転職すればいいやって人は副業しましょ。

そうじゃない人はこの記事で紹介する投資をやってみてはいかがでしょうか?

投資の種類

投資と聞いてどんなことを想像しますか?

リスクがあるギャンブル怖いお金持ちがやること… など

ネガティブな印象がある方も少なくないと思います。

しかし投資にもさまざまな種類があります。
確かにギャンブルのような投資もあれば、低リスクでも時間をかけて右肩上がりにのびていく投資もあります。

しっかりと投資について勉強すれば、自分にとって何が良くて何が悪いかの判断がつくので怖くありません。

主な投資として以下のような種類があります。

  • 株式
  • 債券
  • 投資信託
  • 不動産
  • FX
  • 仮想通貨

ほとんど聞いたことくらいはあるのではないでしょうか。

投資先はリスク許容度によって決まる

投資先というものは、結局投資する人がどれだけリスクを負ってもいいかによって決まります。

・あまり増えなくてもいいからリスクを下げたい人
・多少のリスクはあるけどガツンとお金を増やしたい人

など、その人のリスク許容度によって投資先を選ぶべきでしょう。

FXや仮想通貨はほぼギャンブルみたいなものなので遊び以外に投資しないほうが賢明ですが、その他については個別に勉強してみることをオススメします。

↓私が仮想通貨で遊んでいた時の記事です

[仮想通貨] 仮想通貨投資はじめて2週間たった結果

2017.12.24

オススメは投資信託のインデックス型投資!

色々な投資があるなかで会社員にオススメなのが、投資信託のインデックス型投資です!

なぜ会社員にオススメなのかというと、以下のメリットがあるからです。

  • 簡単にリスク分散ができる
  • 手間がかからない
  • 一喜一憂する必要が無い

これらのメリットを説明するには、まず投資信託について学ぶ必要があります。

ここでは簡単に説明しますが、真剣に投資について考えようとしている方は以下の本を読んでおくと良いでしょう。
※私もこれらの本を読みました。本を読むのが苦手な人は、2番目の本が読みやすいです。

投資信託とは?

投資信託とは、株式・債券・不動産などの金融商品をまとめてパッケージ化した商品です。

本来は投資するのに大きなお金が必要でも、投資信託はたくさんの人から集めた資金でプロが運用を行うため、投資に対するハードルが低いのです。

インデックス型とは?

投資信託にはインデックス型アクティブ型があります。

インデックス型はある指標(日経平均株価など)に合わせて運用されます。

アクティブ型はプロが考えて商品を選び、運用されます。

もちろんプロが考えて運用しているアクティブ型の方が手数料は高いのですが、皮肉なことに今までの実績はインデックス型のほうが良いのです。

投資信託の99%はいらない
先程紹介した本の中に出てくる言葉なのですが、アクティブ型は手数料が高く、投資する側ではなく売る側が儲かるために作られたものが多いそうです。
銀行で投資信託を勧められたら大抵は手数料でお金を搾り取られます。笑
そして、残りの1%が手数料がなるべく低いインデックス型の投資信託だそうです。

投資信託インデックス型のメリット

これまで説明してきたとおり、投資信託はパッケージ化されているため個別に株を選ぶ手間もないし分散投資もされています

積立投資をしてしまえば、はじめに設定するだけで毎月自動で投資されていきます。

また、基本的にインデックス型投資をするなら長期投資なため、投資したお金がどうなったか常日頃から気にしてしまうこともありません。
今下がってようが上がってようが、回収するのは何十年後になるのですから。

さらに、運用手数料が低いため手元に残るお金が増えるのもいいですよね。

この記事だけでは投資信託の良さを全て伝えきれないので、ぜひ先程紹介した本を読んでみてください。

インデックス型投資を始める方法

さて、そんなインデックス型投資を始める方法ですが、証券会社に総合口座を開く必要があります。

証券会社にもいろいろありますが、手数料を考えるとネット会社の楽天証券SBI証券のどちらかに開けば間違いないでしょう。

ちなみに私は楽天証券に口座を開きましたので、楽天での方法を説明します。

楽天証券に総合口座を開く

  1. 楽天証券のホームページで「口座開設」ボタンを押す
  2. 楽天会員かそうでないかを選び、個人情報を入力する
  3. 納税方法の選択をする
  4. NISA口座の選択をする
  5. 本人確認書類を提出する

以上の手順を終えれば申込み終了です。

あとは1,2週間後に郵送でログイン情報が送られてくるので、ログインすれば口座開設完了です!

納税方法はどれがいい?
以下の3つから選択することになると思います。

  1. 確定申告は原則不要
  2. ご自身で簡易確定申告
  3. ご自身で通常確定申告

一見1番目が良さそうに思えますが、私は2番をオススメします。

1番は確かにすべてやってくれて楽なのですが、確定申告しなくても良い所得(年間20万円以下)でも勝手に納税されてしまいます。

また、確認できていませんが1番だと納税を会社と合算するか個人で支払うかの選択ができないような気がします(会社と合算されたら投資していることがバレる)。

2番は確定申告は自分で行わなければいけませんが、そのための書類(利益がいくらかとか)は証券会社が用意してくれるため、確定申告用の書類を書くだけでOKです。

3番は面倒すぎて選ぶ利点がありません。

NISAとは?
少額投資非課税制度といって、決められた範囲内での投資の利益に対して税金がかかりません。
インデックス型の長期投資をするなら「つみたてNISA」を開設しておいてもよいでしょう。
ちなみに後から追加することもできるので、決められない方は「開設を希望しない」にしておきましょう。
口座とかNISAとかいっぱいあってわからん!
総合口座という枠があって、その中に一般口座・特別口座・NISAがあるという風に解釈してください。

まとめ:長期投資はなるべく早く始めよう!

いかがでしたか?

副業できないならせめて投資をして将来に備えましょう。

また、お金について勉強することは恥ずかしい事でもなんでもないので、ネットや本で正しい知識を身に着けましょう!

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です