電子工作初心者がArduino始めてみた!(その3:プログラミング環境構築)

どうも、tatsuです!

今回は「電子工作初心者がArduino始めてみた!」シリーズの第3弾!
前回の記事はコチラ↓

電子工作初心者がArduino始めてみた!(その2:部品紹介)

2018.09.09

使っているキットの説明記事はコチラ↓

電子工作初心者がArduino始めてみた!(その1:Arduinoとは?)

2018.09.08

それではプログラミングをするための環境構築をやっていきたいと思います。

ArduinoIDEのインストール

注意
Arduinoのプログラムを作成するための開発環境は、まぎらわしいですが同じ名前でArduinoといいます。
この記事では区別するために、開発環境のことはArduinoIDEと呼ぶことにします(IDEとは統合開発環境のこと)。
まずArduino公式ホームページにいきます。

下にスクロールしていくと「Download the Arduino IDE」という部分があります。
自分の環境にあっているものをクリックしてください。

「Just Download」をクリックしてダウンロードしてください。

exeファイルがダウンロードできたら、ダブルクリックで起動してください。

起動すると以下の画面になるので「I Agree」を選択して次へ

そのまま「Next」で次へ

インストール先を指定して次へ

インストール中・・・

3回くらい以下のようなダイアログがでてくるので、「常に信頼する」にチェックして、インストールをクリック

完了しました

ArduinoIDEを開いてみましょう。以下のような画面が表示されたならOKです!

ArduinoIDEの初期設定

ArduinoIDEが起動できたら、持っているArduinoとパソコンをUSBケーブルで繋いでください。

まずはボードを設定しましょう。
以下のように[ツール]→[ボード]からArduinoUNOを選択します。

次にポートの設定をします。
以下のように[ツール]→[シリアルポート]からArduinoUNOを選択します。

以上で初期設定は完了です。

まとめ

ここまでで準備が整いました!

次回はいよいよプログラミングをしてLEDを光らせてみましょう!

つづきはコチラからどうぞ↓

電子工作初心者がArduino始めてみた!(その4:Lチカ)

2018.09.11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です