【経験談】在職中の転職活動は転職エージェントを使うべし!

どうも、最近転職エージェントを使って転職活動をしているtatsuです!

転職活動自体は初めてではなく、過去に転職サイトから応募して転職活動をした経験あります。

転職エージェントを利用して転職活動をした経験と、転職サイトを利用して転職活動をした経験から、在職中の転職活動なら転職エージェントを利用した方がメリットが多いという結論になりました。

そこで今回の記事は、なぜ在職中の転職活動は転職エージェントを利用した方が良いのかについて話していきたいと思います。

 
こんな人に読んでほしい記事です!

  • 転職活動がはじめて
  • 在職しながら転職活動を勧めたい
  • IT系の企業に転職したい(この記事で紹介する転職エージェントがIT系のため)

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、転職活動における求職者と企業間の橋渡しをする立ち位置の会社です。

求職者側は、自分に合った求人を紹介してもらったり、面接対策をしてもらったり、面接日程の調節をしてもらったりと、たくさんのメリットがあります。
しかもすべて無料です。

企業側は、転職エージェントにお金を払って、企業が欲しい人材を紹介してもらいます。
転職エージェントから紹介された求職者はある程度のレベルは担保されているため、ミスマッチングが起こりづらいのです。

転職エージェント側は、求職者からお金をとることはなく、紹介した求職者が実際に入社したら入社先の企業からお金をもらうといったビジネスモデルになっています。

 
このように、求職者にはメリットばかりなのが転職エージェントです。

転職エージェントを使うメリット

転職エージェントを利用してよかったと思う点を紹介します。

非公開求人も含めて、適切な求人を紹介してもらえる

転職活動を始めたら、まず最初に興味のある求人を探しますよね?

転職サイトを使って探すのももちろん良いのですが、膨大な求人の中から興味のある求人すべてに目を通すことは不可能です。
基本は検索条件で絞って最初の数ページをみるのではないでしょうか。

また、興味があるからといっても自分のスキルとの兼ね合いもあると思います。
無謀なエントリーをしても時間の無駄なので、手っ取り早く「自分が興味がある」&「可能性がある」企業を見つけたいですよね。

 
そこで!
転職エージェントでは、まず担当者と面談をしてキャリアの棚卸をします。
そのあと、興味のある業界・職種などについて話し合い、担当者が適切な求人を20企業ほど選んでくれます。

いやいや、そりゃあ経験豊富な担当者が選んだ求人だけど、他にも良い求人があるかもしれないじゃん!!

と思われた方もいるかと思います。

安心してください、担当者から提示された求人だけしかエントリーできないといったことはありません

転職サイトで見つけた求人を担当者に伝えて、「ここにエントリーしたい」と言えばエントリーできますし、提示された求人の中で「この企業と同じような企業をもっと知りたい」のであれば、そのように伝えることで他の求人を提示してもらうことも可能です。

実際に私は後者を伝えました。

 
このように、プロに相談できて適切な求人まで紹介してもらえるのですから、とても頼りになります。

履歴書・職務経歴書の添削をしてもらえる

転職活動をするのが初めてだった場合、履歴書は書けるかと思いますが職務経歴書の書き方なんてわかりませんよね?

ネットで調べて作ってはみるものの、果たしてそれが良い職務経歴書なのかはわかりません。
具体的には以下のような失敗をしがちです。※すべて私も経験した失敗です

  • 一般的な職務経歴書のテンプレートで書いてしまう
  • その業務で何を経験してどのようなことが身についたのかわからない
  • 自己PRが弱い

 

一般的な職務経歴書のテンプレートで書いてしまう

一般的な職務経歴書とエンジニアの職務経歴書はフォーマットが違います。

どの期間でどの業務を経験し、そのときに使った言語/ツール/OS、担当した工程..etc など、エンジニアならではのフォーマットで記述する必要があります。

ちなみに、私が一番最初に作った職務経歴書をそのまま企業の採用担当者に見せたところ、「これじゃあなにもわからないよ。。。」と呆れられてしまいました。笑

 

その業務で何を経験してどのようなことが身についたのかわからない

ただ単にやってきた業務を時系列で書いているだけでは何が身についたのかわかりません。

それぞれの業務で何を経験し、どんな問題があり、どのように乗り越え、どのようなことが身についたのか。

転職エージェントを利用することで詳しく添削してもらえます。

 

自己PRが弱い

転職エージェントの担当者から聞いたのですが、書類選考では自己PRが一番大事らしいです。

どのように書いたら良いか、しっかりと教えてもらえます。
 

これらのような失敗をしないためにも、転職のプロに添削してもらえるのはとてもありがたいことです。

スケジュール管理が楽

エントリーしたい企業を転職エージェントに伝えると、勝手にエントリーをしてくれます

また、書類選考通過後は面接可能な日程をいくつか伝えると、後は転職エージェントの方で調整してくれます

私たち転職活動者がやることは、面接当日に面接しに行くだけです。笑

企業との調整をやらなくて良いのは本当に楽だなと感じました。

直接企業に言いづらいことを代弁してもらえる

例えば、面接の日程が決まったけどどうしても変えなくてはならない場合や、エントリーしたけどやっぱり辞退したい場合など、転職エージェントに伝えればあとの調整はやってくれます。

また、最終的な給料交渉・面接合否理由なども転職エージェントを通して聞くことができるため、とてもありがたいです。

ただ、転職エージェントになら何を言ってもよいという考えにならないように注意しましょうね。
嫌なことを代理でやってもらうのですから、きちんとお願いしましょう。

面接前にその企業の面接に関する詳しい情報を提供してもらえる

面接前に企業ごとの面接対策情報を提供してもらえます。

企業秘密な部分もあると思うので詳しくは書けませんが、ニュアンスとしては以下のようなことです。

  • 面接相手の情報
  • 想定される質問
  • どのようなマインドが求められているか
  • 面接するにあたっての注意点

 
面接前情報があるのとないのでは対策できる範囲も変わってきますので、とても大事なメリットですね。

転職活動での些細な疑問を質問できる

転職活動が初めての人には一番使ってほしいメリットがこれです。

転職活動で不安なこと、たくさんありますよね??
ネットを探せばいくらでも情報はありますが、転職活動のプロから直接教えてもらえるに越したことはありませんよね!

ちなみに私はこんなことを聞いたりしました。

  • 指定がないときの面接時の服装は?「ビジネスカジュアル」ってどんな服装?
  • 企業側の平日の面接設定可能時間は?
  • 他の人はどれくらいエントリーしている?
  • 求人票に書いてある年収って賞与ふくむ?
  • 募集人数が1人って狙うべきではない?
  • 求人票にある年収より高い年収で交渉可能?

 
気になることをすぐに聞けるので、とても良いですね!

転職エージェントを使うデメリット

転職エージェントを利用してあまりよくなかったと思う点を紹介します。

エントリーしたい会社だけを伝えると、職種が自動で選択される

これは担当者によって違うのかもしれませんが、例えば求人票に以下のように書かれていたとします。
「参画してもらうプロジェクトは以下のどれかになります。」

そして実際に面接に行ったとき、「○○プロジェクト希望ということで、面接にお越しいただきありがとうございます。」と言われたことがあります。笑

たぶん、その人の適性のある求人に応募してくれているのだと思いますが、最終的にどんな職種にエントリーしたのかを聞いた方が良いです。

それか、エントリー企業を伝えるときに詳しく伝えましょう

IT系でオススメの転職エージェント

私がオススメする転職エージェントはレバテックキャリアです!

なぜこの転職エージェントをオススメするかというと、私が実際に利用したからです。
今まで紹介してきたメリット・デメリットはレバテックキャリアのことだと思ってもらって構いません。

また、レバテックキャリアでは担当者とLINEで連絡することができます
LINEを交換するのに抵抗がある方もいると思いますが(私も抵抗がありました)、それを上回るほどやりとりが楽です。

転職活動中だけ写真と名前を変えておけば恥ずかしくないですし。

いちいちメールで「お世話になっております、○○と申します。」などと打たなくていいのは楽ですよ~。
スマホからビジネスメールを打つのって結構めんどくさいですからね。

興味のある方はぜひレバテックキャリアを利用して転職活動してみてください♪

また、レバテックキャリア登録から面談までの詳しい情報は以下の記事からどうぞ↓↓

【登録から面談まで】レバテックキャリアでカウンセリング受けてきた!

2018.08.29

まとめ:転職エージェントを利用すると転職活動がとても楽になる

今までの経験から「転職活動ってしんどいなあ」と思っていたのですが、中間を転職エージェントに任せることでやらなければいけないことがグッと減りました

在職中ならなおさら転職エージェントを利用しない手はないですよ!!

この記事を読んでいるあなたがスムーズに転職活動することができるように祈っております。
それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です