Ruby on Railsでよく使うコマンド

どうも、tatsuです!

今回は、Ruby on Railsでアプリ開発をしていく上でよく使うコマンドをまとめてみました!

Ruby on Railsコマンドの基本

railsコマンドはどこからでも使用可能ですが、必ず作成したアプリのルートディレクトリから使用してください。

例えば以下のコマンドで新しいアプリをつくると・・・

cd C:\rails_project
rails new sample_app

cdでCドライブのrails_project内に移動してからアプリを作っていますので、C:\rails_project\sample_appというフォルダができるはずです。

sample_appに対してrailsコマンドを使用したいならば、以下のようにsample_appフォルダに移動してから行いましょう。

cd C:\rails_project\sample_app
rails コマンド

よく使うコマンド一覧

それではよく使うコマンドを紹介していきます。

アプリケーションを作成する

まずはアプリの作成方法です。
さきほど触れてしまいましたが、以下のコマンドを実行することで今いる場所にアプリを作成します。

cd C:\rails_project
rails new sample_app

サーバーを起動する

localhostで起動するなら以下のように記述します。

rails server -b localhost

上の省略形です。

rails s

モデルを作成する

以下のコマンドではモデルと同時に対応するテーブルを作成するためのマイグレーションファイルを生成してくれます。

rails g model モデル名 カラム情報
例:
rails g model Sample title:string contents:text
カラムの型
カラムの型の種類は以下になります。

説明
string 一行文字列
text 複数行文字列
integer 整数
float 小数
decimal 高精度の小数
datetime 日時
timestamp 細かい日時
time 時間
date 日付
binary バイナリデータ
boolean true,false

このあとに以下のコマンドを実行するとテーブルを作成します。

rails db:migrate

コントローラーを作成する

以下のコマンドを実行することで、コントローラーファイルと指定したアクション、対応するビューファイルを生成します。

rails g controller コントローラ名 作成するアクション
例:
rails g controller Samples index new create edit update destroy

ルーティングを確認する

ルーティングは以下のコマンドで確認することができます。

rails routes

作成したものを削除する

モデルやコントローラーなど、g(generate)で作成したものは、gをdに変えることで簡単に削除することができます。

間違えて作ってしまった場合などに便利です。

例えば、以下のコマンドでモデルを生成したとします。

rails g model Sample title:string

これを削除するには以下のようにします。

rails d model Sample title:string

Railsコンソールを起動する

以下のコマンドを実行することでRailsコンソールを起動することができます。

rails c

RailsコンソールではRailsのプログラムを直に記述して実行することができるため、デバッグに役立ちます。

まとめ

これらのコマンドは本当によく使うので、暗記してしまいましょう!

それでは!

Railsのチュートリアル記事はコチラ↓↓

Windowsで始めるRuby on Rails入門【1.環境構築】

2018.10.17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です