【エンジニア必見】ソースコード取引所「piece(ピース)」とは?

どうも、tatsuです!

今回は、私が今一番注目しているサービス「piece(ピース)」について紹介していこうと思います。

ソースコード取引所「piece(ピース)」とは?


ひとことで言うと、モジュール(機能)単位でソースコードを売買できるWEBサービスです。
ソースコードには有料・無料があります。

また、世界中を対象としており、日本・インド・ロシア・フランス・アメリカなど合計66カ国からアクセスがあります。
※2019/01/07現在

 
pieceを使ってモジュール単位でソースコードを売買することで、以下のようなことが実現可能になります。

例1)
作りたいサービスはあるけど自社では実現できない部分がある
-> 実現できない部分のみpieceで購入してサービスを作る

例2)
サービスを作りたいけど時間が無い。もっと開発スピードを上げられないか?
-> pieceで販売されているモジュールをパズルのように組み立ててサービスを作る

例3)
プログラミング初心者で全然わからない。とりあえず動くものをさわってみたい。
-> pieceでテンプレートを購入する

ソースコードのライセンスについて
pieceで販売されているソースコードは、再販(販売されているソースコードをそのまま販売すること)のみ禁止されています。

商用利用・複製・改変・改変後の再販などは全て可能です。

なのでpieceで購入したソースコードはライセンスを気にすることなく、あなたのサービスに取り入れることができます。

 
以上がpiece(ピース)の概要となります。
ソースコード売買プラットフォームって、ありそうでなかったサービスですよね!

ソースコード販売者・購入者のメリット


piece(ピース)上でソースコードを売買すると、販売者・購入者ともにメリットがあります。

販売者のメリット

  • 世界中の人々に自分の技術力を売ることができる
  • ソースコードを24時間、労力無しで販売することができる
  • 自分自身の宣伝になる

購入者のメリット

  • 自分では技術的に実現不可能だったサービスを実現できる
  • 商品として完成されているため、一定のクオリティが期待できる
  • AI(後述)によって価格が適正に保たれる

売買できるソースコードの種類


Androidアプリ、iOSアプリ、Unity、C、Java、Javascript、PHP、Ruby、SQL…
あらゆるプログラミング言語のソースコードが売買可能です。

また、モジュールの売買といいましたが、モジュールの他に以下のようなものも売買することができます。

  • テンプレート
  • アルゴリズム
  • バッチファイル

 
どんなサービスであれ、プログラミングであればなんでもpieceで探せるので、
ソースコードならとりあえずpiece見ておくか
となりますよね。

史上初!AIを搭載


2018年10月、piece(ピース)にAIが搭載されました。

独自のアルゴリズムによりソースコードの価格を逐一変動させ、常に最適な価格になるよう調整を行っているようです。

これにより、販売者はソースコードの価格付けにそれほど時間をとられず、購入者は商品と見合わない価格で購入することがなくなるでしょう。

ソースコードの内容、市場の需要と供給など、様々な観点からAIが価格を決めてくれるのは、販売者・購入者ともにメリットがありますね!
※販売者のメリットは他にも、自分で調整しなくてもソースコードの価格が上がる可能性もあります

piece(ピース)その他の機能

ソースコード売買が主な機能ですが、その他にもいくつか機能があるのでご紹介します。

ソースコードリクエスト機能


ソースコードリクエスト機能では、欲しいと思った機能をリクエストすることができます。

販売者はリクエストを参考にして機能を作るかもしれません。

ブログ記事投稿機能


無料で記事を公開することができます。

Qiitaみたいなものでしょうか。

ランキング機能


売上額、PV数など、さまざまなランキングを見ることができます。

ここで有名になれば世界中から注目されますね!

まとめ:新規登録でポイントもらえます!

いかがでしたか?
エンジニアにとってはとても夢のあるサービスですよね!

近い将来、エンジニアの副業の選択肢の1つとして、「pieceを使ったソースコード販売」がくるのではないかと期待しています!

なので今のうちからコツコツとソースコードをストックしておこうかと企んでいます。笑

また、今ならpiece(ピース)に新規登録で300ポイントもらえるので、試しに有料ソースコードを購入してみてはいかがでしょうか?

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です