シンプリストの私が実践している断捨離のコツ【モノ別】

どうも、自称シンプリストことtatsuです!

昔からモノを整理するのが好きでした。

不要なモノを捨てて本当に必要なモノだけを残すといえばミニマリストが思い浮かびますが、ミニマリストは私には合いませんでした。
その時の記事がコチラ↓

シンプリストじゃだめですか?ミニマリストへの憧れと挫折

2018年6月17日

それからというもの、シンプリストとしてモノを整理している私ですが、モノを整理するにあたっていくつか判断基準があることに気が付いたので、それを共有しようと思います。

それではどうぞ!

補足
この記事では捨てるではなく減らすという表現にしています。
その理由は、「メルカリなどで売る」、「本なら電子書籍化する」など、捨てる以外にも選択肢があるからです。

【モノ別】断捨離のコツ

私が判断基準にしていることはいくつかありますが、モノ別に違ったりしますので、それぞれご紹介します!

服の断捨離

まず、一年間で必要な服を列挙します。

例えば夏でしたら以下のような感じです。

  • Tシャツ * 3
  • Yシャツ * 2
  • 半ズボン * 2

それができたら今持っている服をこの数字まで減らして今後新しい服を買うときにこの数字を超えないようにします。

古い服を減らして新しい服を買うでもいいですし、やっぱり今買おうとしていた服はいらないと辞めるでもいいですし。

また、どうしても最初に決めた数字では足りないことがあるかと思います。
その時はその人にあった数があると思うので柔軟に数字を変えていきましょう。

最低このくらい服があれば普段の生活に困らないといった基準をもっておくことで、無駄に服が増えていくということが無くなるでしょう。

本の断捨離

まず、本を収納するスペースを決めてしまいます。
たとえば本棚1つカラーボックス1つなどです。

そしたら絶対にそのスペースを超えないようにします。

欲しい本があるけどスペースが一杯の場合は、何かを減らして新しい本を買いましょう。

こうすることであらかじめ決めたスペース以上場所を取ることが無くなります。

では減らす本の選び方ですが、以下を判断基準にしましょう。

  • 今後読み返すかどうか
  • 電子書籍にできるかどうか

まず、一番簡単な判断基準として今後読み返すかどうかです。
例えば、小説・マンガ・ビジネス書など、読んでみたけど2週目は読まないなというものを積極的に減らしていきます。

次に、読み返す本しか無くなってしまったという場合。
その場合は電子書籍にできる本を減らしましょう。

電子書籍にできる本というのは、自炊できる(裁断してPDF化)こと電子書籍サイズでも読みにくくないことなどが挙げられます。

自炊は自分で行う場合問題ありませんが、代行業者にお願いする場合にはNGな著者さんがいますのでそれを考慮しましょう。

また、大型本などは電子書籍サイズにしてしまうと見にくいですし、図形が多い本もそうです。

そういった電子書籍にすることができる本を減らしましょう!

オススメの電子書籍リーダー
私としてはAmazonのkindle paperwhiteをオススメします。

目が痛くなりそうだからと電子書籍を倦厭していた私ですが、kindle paperwhiteを見た時にビックリしました。
本当に本を見ているかのようで、タブレットのように目が痛くなることはありません。

また、kindleなら本のスペースを気にすることが無いので、とてもオススメです。
※ちなみにpaperwhiteのオプションは、32G・広告無し・WiFiが最強です。

その他の断捨離

服や本でかさばる物はだいたい断捨離できたんじゃないでしょうか。
本記事ではそれ以外のモノをその他としてまとめて扱います。

さて、その他の断捨離のコツですが、私は以下の判断基準で断捨離しています。

  • 去年使ったかどうか
  • 買いなおすのが難しいかどうか

 
基本的に去年使っていないものは減らします。

その中で、買いなおすのが難しいものは残しておきます。
※冠婚葬祭で使用するモノ、クリアしたら売る予定のゲームの箱 とかですね

これを意識するだけで、もったいないからとりあえず取ってあるモノを一掃できるのではないでしょうか。

まとめ:正しく断捨離してスッキリしましょう!

どうでしたか?この記事を読んだことによって部屋の整理が進めばうれしいです!

また、私はシンプリストなのでシンプリストの考えからいくと、趣味を断捨離してはいけません。

例えばこの記事で服の断捨離をご紹介しましたが、ファッションが趣味の人はやっちゃだめですよw

趣味は趣味として楽しみつつ、不要なモノを断捨離してスッキリしましょう!
それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です